You are here:  / ごあいさつ / 天職と思えた瞬間(1)

天職と思えた瞬間(1)

LINEで送る
Pocket

天職って??天職と思えた瞬間(とき)。それは、お客様からの一言でした。

その時までのお話をしたいと思います。

□■なぜエステティシャンに?■□

あの時、思いました・・・

手に職をつけたい!

私の身体一つあればできる仕事をしたい!と。

もともと、マッサージや美容に興味があった私は、

エステティシャンになる事を決意しました!

s_rose_aroma_h200

 

○●○ 始まりは、ここから ○●○

テニスが大好き、中学から大学まで、部活動に励んできました。(今も現役です♪)その頃は、テニスコーチになれたら幸せだなぁと思う事もあり、大学のコーチに相談・・・。返ってきた言葉は「お前は女らしい体で、アスリート向けの体ではない!」と。その瞬間、叶わない夢なんだとショックに陥りました。今思うと、コーチの言葉はセクハラになる発言ですね(-“-)

~ 部活後のマッサージ ~

よく、部活後に先輩にマッサージをしてあげていました。決して上手くはないマッサージでしたが(;´∀`)それでも、マッサージをしてあげることが楽しくて「軽くなった」「気持ちよかった」と言われる事が嬉しくてテニスプレイヤーを支える人になるのも素敵だなぁと頭を過った大学生活でした。

テニスコート

 

○●○ 親との約束 ○●○

大学卒業後、親の会社を手伝う為、田舎に戻りました社会人になり、営業、事務・経理など、あらゆる分野を経験し毎日が充実していました。でもやっぱり、私の身体があればできる仕事をしたい!手に職をつけたい!マッサージをする人になりたい!エステティシャンになりたい!と強く思いました。やりたい仕事は東京にありました。

東京・・・私には未知の世界、都会。かなりの勇気と覚悟がいりました。

そして、親を説得。ただし条件は、5年後田舎へ戻る事

◆この続きは後ほど・・・(東京での初めての就職)

田舎 (1)

たくさんの方に巡り合い

たくさんの方を担当させていただき、

たくさんのことを身体全体で吸収し

エステティシャンになれたこと、

エステティシャンにさせていただいたこと、

皆様にとても感謝しています。

ありがとうございます。

私は、これからも成長していきます。

今日も、更にお客様に満足してもらえる技術、接客を心がけます。

LINEで送る
Pocket